クレジットカード現金化で押さえておくべきポイントは、現金化のもととなるクレジットカードのショッピング枠の利用可能額の確認と、初心者なのに高換金率の業者を狙いすぎて悪徳業者に引っかかるようなミスを無くすこと、現金化に必要のないクレジットカード番号は絶対に教えないということです。

クレジットカードの現金化って違法なの?徹底解説!

クレジットカードの現金化って違法じゃないの?今回はこの疑問について解説をしていきたいと思います。クレジットカードの現金化とはクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するという手法です。単刀直入に現金化が違法かどうか?と聞かれればそれは違法というか、禁止行為に値します。カード会社などではクレジットカードの現金化を禁止する規約を儲けているところがほとんどであり、もし現金化がカード会社にバレてしまった場合は厳しいペナルティーが下されてしまいます。分割払いやリボ払い、キャッシングなど利用して金額の一括返済を求められてしまったり、自己破産をするときに現金化をしてカード利用停止処分になったという証拠はかなり不利になり免責不許可事由となる可能性があります。でもクレジットカード会社からすれば現金化であってもショッピング枠を利用してもらえれば利益になるのになぜ禁止をしているのでしょうか?

キャッシング枠を申し込んでもらえなくなる

クレジットカード会社が現金化を禁止している理由の一つはキャッシング枠です。キャッシングはクレジットカード会社の大きな利益の一つと言えます。現金化を許してしまえば、お金に困った人がカード会社のキャッシング枠を使わずに他の現金化業者を利用することで利益を阻害されてしまう恐れがあります。そのため「現金化をしたいならうちでキャッシングの審査をして正当にお金を借りてください」ということです。確かにカード会社からすれば自社のカードを使って他社で現金化をされたら納得できないですよね。

返済困難になる可能性が高い

クレジットカード会社が現金化を禁止している理由の二つ目は返済が困難になるということです。現金化をするということはお金に困っている人がお金を生み出すために行う手法であり、現金化を積み重ねることによって結果的に返済困難になってしまうことがあります。消費者が返済ができないほどの借金を背負って仕舞えばカード会社にとっても大きな損失になります。そのためクレジットカード会社では現金化は禁止されています。現金化がバレてしまえば自己破産などにも大きく影響が出てしまうので自己破産等を考えている人は絶対にやめておきましょう。

まとめ

例えば現金化目的ではなくても、クレジットカードで購入した商品が「結局必要がなくかったので売りたい」という人もいると思いますが、現金化を疑われたくないのであれば必ず支払いが終わった段階で買い取りなどに出すようにしましょう。そしてクレジットカードの現金化は最終的に大きなリスクを背負ってしまう可能性がありますので、お金に困った時は消費者金融やカードローン、キャッシング機能など正当な方法でお金を借りるように心がけましょう。

おすすめ